So-net無料ブログ作成

一人じゃ行けない穴ポコ探検ツーリング [ツーリング日誌]



1 香春です.JPG


[晴れ] 香春のRの8時30分





2月の連休(土曜日かぶりなので通常の週末と一緒ですケロ)に久々に

召集をかけてみた。




2 集合場所.jpg



前の日が夜遅い時間までの勤務だったので

掲示板に書き込むのが夜中になってしまいましたが

僕を含めて8人の探検隊が揃いました。



ツーリングなのになんで探検隊?

って感じですがそれが廃墟ハンターが企画するツーリングなので

仕方ないじゃない。



久しぶりに天気がいい週末なので

人の多いメジャーな所は避けて

おもいっくそマイナーな所に行ってやろうと

生贄を捕獲。


3 かおりんのNEWマシーン.JPG


生贄メンバーのかおりんはNEWマシーンで

凍結にビビリながら峠を越えて来てくれたよ。


4 ツーリングは楽しい.JPG


香春のRでの~んびりして

やっとスタートしたのは

・去年タンデムライダーからバイクデビューしたもっちこさん(バイクはVTR)
・それを見守るこうさん(もっちっこさんのバイクの給油はこうさんの役割)
・赤いジャケットのオサゲの
ゆうさん(←この紹介の仕方、久々や)
・本日の探検の隠し玉の
ちゃっつん(今回のマイナー物件に行ったことのあるしと)
・絶対何かをやらかしてくれそうな
tonojin(はい、やらかしますとも)
・NEWマシーンなのにタイヤの端っこが削れてる
かおりん(寝不足で来たぞ)
・探検を予感してFTRで来たmaSatoさん(その選択は正解です)
・んで、探検隊長の(さぁ、本日は先導ですが何回Uターンさせるでしょう?)・・・はい5回です


と、こんな8台で探検ツーリングのスタートです。




行き先はちゃっつんが「寒いけ遠くはイヤ」」と言うので

近場の耶馬溪から日田方面のターゲットを選んで

響ファームロード(HFR)で南下中。





調子よく南下してるとミドリーノのちゃっつんが

スルスル~と前まで来たので

こりゃきっとトイレやな?と思って信号待ちの時に

横に並んでヘルメットのバイザーを上げて見ると

「トイレ寄る~?」と言ってるよ(笑)





聞いてきたと言うことは「寄って」と言う事と一緒だろうから

途中で太平村の物産館の「太平楽」に入りました。


6 トイレに着いたけど・・・.JPG



みんなトイレに急行中ですが

何かバイクが足らなくネ?



「わたしが曲がる時トノジンが来てなかったんよぉ」(ゆうさん)



あらら・・・



ま、すぐにT字路になって誰もいないので

電話が掛かってくるでしょう。



と、言うことで一応着信だけ入れておいて

先着隊は休憩。



ちゃっつんのバイク用のブーツの靴底が

ボコッと外れたのを修理したのを見たり

おやつを食べたりしつつマッタリ中。

7 かかとがボロっと取れたらしい.jpg



そうしてるうちにtonojinから連絡があって

R10号から戻って来る迷走隊を誘導します。


8 携帯電話って便利です.jpg


迷走隊長がかおりんとmaSato隊員を引き連れて

戻って来ました。


9 無事合流.jpg



やさしいこうさんがまた迷走して

北九州まで戻らないように

交差点で誘導してくれてるよ。



「ちょっと間隔が空いちゃって前が見えなくなったので

きっと耶馬溪に行ったんだろうと思って走ってたんだよ。

でも宇佐まで行ってしまってコリャ違うんじゃない?と思って

停まって携帯見たら着信だらけやった」(tonojin)




tonojin、耶馬溪って宇佐のめっちゃ手前やぞ。( ̄◇ ̄;)





無事探検隊が揃ったので

大平村の池を見ながら先へ


2 鳥がいれば最高の池だ.JPG


ショートカットする農道から

耶馬溪を目指します。


10 耶馬溪へショートカット.JPG



何時もは通過の耶馬溪ですが

今日は時間が余裕はたっぷりあるので

青の洞門の中も通っちゃう。


11 有名な青の洞門だよ.JPG




穴ポコ探検するなら

まずはこの洞門は通っておかないとね。



12 歴史のトンネルの中でエンジン音が響く.JPG



人間が手で掘ったんだぞ。



大きな部分は明治に拡張されているけど

最初の人道は1763年に禅海和尚らによって

掘られた隧道です。



きっとかめはめ派でも出せたのでしょう。





洞門を出て当たり前にR212を走ってると

車も多くて退屈なので

僕の大好きな沈下橋に寄り道します。


13 チンゲ橋.JPG


命がけの一本橋の「八日市橋」




沈下橋は四国の四万十川が有名だけど

大分県も2番目に多い県なんだよ。




そのチンカバシ(チンゲと読んじゃダメ)をみんなで

ワイワイと渡る~~!

3 みんなで渡れば怖くない.jpg



この高さでも柵が無いので

スリル満点だぞ。




スリルも良いけど

何よりもこの風景が大好きです。


4 耶馬溪沈下橋.JPG



清流と沈下橋って旅情があって良かろう?



この橋に座って釣りしたいな。




みんなで沈下橋にバイクを並べるってチャンスはあまり

無いのでtonojinも記念写真撮っております。

5 水は冷たいぞ.jpg


かっこよく撮れたら

画像ファイルを頂戴ね。


6 落ちてみて.jpg


では沈下橋が大のニガテのかおりんに

恐怖の往復をさせて再びR212へ


14 雲八幡宮が見えてきた.JPG


R212へ出たけど走り出して直ぐの

雲八幡宮で探検の安全祈願をいたします。


8 どっちが阿でどっちが吽なんだろうね.jpg


で、この神社の狛犬様が・・・


9 カッパ.jpg


河童でございます。



よく見ると男の子です。


10 男の子でした.JPG


えっ?


そんなによく見なくてもいい?





どっちが阿吽のどっちなのかわかんないけど

反対ももちろんカッパ

11 行司さんですか?.JPG


軍配でも示してるポーズでしょうか?



どうも九州に各地にあるカッパ伝説と同じく

壇ノ浦で敗れた平家がカッパの姿になったという

話がここにもあるようです。




で、とりあえずツーリング時の「1日1ソフト」は寒いので

「1日1カッパ」のパターンを守るべく

今日はノルマ達成。




カッパに見守られながら境内へ入ると

でっかい杉の切り株があるよ。

12 根くぐり中.jpg


千年杉の根くぐりが出来ます。




僕も金運を手に入れるべく中に入って見ると

根っこの中心がパワースポットになってるようです。

13 金運UP間違いなし.JPG


根っこの下はかなりゆったりスペースなので

頭をぶつける事もなくクリア


14 幸運に飢えています.jpg


この切り株は境内にあった千年杉が

台風の被害でダメになってしまって

こうして切り株を残しているらしいです。


15 わたくしかおりんのお参りするシーンを撮るのが好きです.JPG



みんなでお参りをしてると

宮司さんが親切に説明してくれました。


16 ちゃっつんはタブン聞いてねーぞ.JPG



大分県は元々杉の産地ですが

歴史のある神社などは樹齢が千年を超える杉がよく

残ってる場所でもあります。



屋久杉のような巨木ではないけど

まだ残ってる千年杉を見上げてみよう。

17 千年杉.JPG



幹周りはそれほどでもないけど

高さが凄いね。




ちなみに幹周りはどれくらいか

tonojinにカメラを渡して撮ってもらったんだけど・・・


15 カメラを渡す人を間違えたか?.jpg


やっぱりさっきの沈下橋で落ちてもらった方が

良かったようです。




んじゃテイク2 ↓

16 千年分のパワーを分けてもらいましょう.JPG



こんな感じであまり太くないけど

高さがあるので台風に弱いのかもしんない。




で、みんな安全祈願を済ませたので

一個目の穴ポコに向かうよ。

18 峠越えします.JPG


R212を日田方面に向かって

大石峠の手前で

以前に一度行った事のあるちゃっつんに入り口を

案内してもらって林道へGO!

19 生きて帰って来れますように.JPG


行けるところまでガンガン行ってやろうと思ったけど

積雪してるので途中で路駐

(絶対誰も来ない道なのでOKでしょう)


20 徒歩~~.JPG


この程度の積雪なら突破できそうな気がするけど

先の状況がわからないので

先導役としてはここから徒歩を選択するのが

無難な判断でしょう。




で、この林道にビビったゆうさんは

下の国道にバイクを停めて

tonojin号の後に乗って上がって来たよ。

17 探検中.jpg


みんなでピクニックのように

明るい林道を歩くと薄暗い森に入る。





すると僕らの前には・・・・


18 雪の中に穴ポコ出現.JPG




なんか

スゲーーぞ!





トンネルに対する概念が変わっちゃう気がする穴ポコだよ。






これが今回僕が行きたかった穴ポコのひとつで

大石峠隧道です。

22 なんかスゲーーとこや.JPG



前日まで寒かったけど

流石に峠の頂上になるので

雪が残っています。





しかもツララもあって

スノーボードじゃなくてツーリングで

こんな風景を見るのはめったに無いぞ。


23 自然の芸術.JPG



隧道は素掘りで

立ち入り禁止にはなってないが

風化してるため入るのはちょっと危ないかも。



23 埋まってるけど綺麗なRや.JPG



少しずつ内壁がはがれて

地面に堆積していってるようだ。




でもトンネルらしい綺麗なRは

保たれているみたいだね。





22 牙です.JPG


この大石峠隧道は明治22年(1889年)に開通した隧道だが

同じ明治のうちに峠の北側に伏木峠が開通したため

と~っても短い期間だけ使われた隧道のようです。




とりあえず歴史ある穴ポコで・・・

24 みんなで儀式.JPG


儀式を!

(ツララが顔面に落ちて来なくて良かった)




21 怪物の巣みたい.JPG



一人じゃなかなか来れない場所なので

来れてよかったよ。




そんな生贄さんとここで

集合写真撮を撮っちゃいます。

27 集合.jpg



は~い、

大石峠の探検は終了!




みんな戻るよ~~~。

24 戻るよ.jpg



バイクを停めてるところまで戻って

細い林道なのでみんなで手分けしながら

一台一台バイクをUターンさせて

ゆうさんはまた恐怖のタンデムで戻るようです。


28 自分のバイクで上がって来たほうが良いというオチ.JPG



帰りのタンデムの餌食はmaSatoさんらしい(笑)



たしかにタンデムに馴れてないと

人の後ろってめっちゃ怖いよね。




みんなで手分けしてUターンするんだから

自分のバイクで上がってくれば良かったのに。




31 市街地へ入りま~す.JPG


みんな無事に下山して

R212でそのまま日田市の市街地へ入り

お昼ごはんにいたします。




今日のお昼はここ ↓


32 天龍さんにおじゃま.JPG


日田焼そばの「天龍



日田の焼そばって独特で

太い麺をパリパリになるように焼いて

モヤシをメインに絡めただけの超シンプルな

焼そばです。




この天龍には初めて入ったけど

椎茸の入ったこのお店イチオシのメニューを

注文してみました。


25 日田焼そば.JPG


やっぱり麺がもっちりパリパリで

美味しい!




椎茸もあまり主張が強くなく

リピーターになりそう。



休日のお昼時って言うこともあって

人が並び出したので食べ終わったら直ぐに

外に出てちょっとマッタリします。



ゆうさんも隣にあったクレープ屋で

デザートのクレープを食べてました。




みんな食後の一服もすんだようなので

本日2個目の穴ポコに向けて発進いたします。


35 女子畑水力発電所です.JPG


日田市街地を抜けて

R210で玖珠方面へ走ります。



36 カワセミがいそうだね.JPG



女子畑(おなごはた)水力発電所を見ながら

走ってると国道が玖珠川(筑後川)を渡る所があってその先の

川原(かわばる)の幼稚園側へ右折し

集落の中に入るとこんな史跡の案内板があります。


26 唯一の案内板.JPG


一番わかりにくい国道からの入り道には

何も案内板は無いので

興味の無い人には来て欲しくないといった感じでしょうか?



たしかに車も停める場所も無いので

ゾロゾロと人が来るようになると迷惑かもしんない。




僕らはバイクなので少し広い道の端っこに

停めれるので綺麗にバイクを並べて

そこから再び徒歩。




色々調べると5分くらい歩くらしい。


27 山ガール、息が切れてます.jpg



探検隊が歩いてる坂は

天保年間に出来た石畳の古道で

苔の生えた石の道が山に向かって

伸びています。


28 古道をゆく.JPG



そんなに急坂じゃないけど

結構キツイね。




ハァハァ・・・




29 石畳は続きます.JPG



後からも「ハァハァ」って聞こえるよ。




この古道は日田から玖珠を繋ぐ

日田玖珠往還の道だそうで

その峠の頂上に僕らが目指す隧道があるのだ。




結局僕の言った5分も

ちゃっつんの言った15分もハズレで

10分ほどで穴ポコが見えて来た。


30 穴ポコ.JPG


もう、この瞬間がゾクゾクするよね。




でも一人だったら引き返すかも。






隧道の入り口には

史跡を示す石碑が建っております。

30 史跡.JPG



日田玖珠往還が出来た後の

嘉永7年(1854年)に改修工事でこの隧道が掘られたようで

黒船来航の翌年って言う古さが凄い。




残ってるのも凄いけど

この隧道の形が独特なのだ。


31 たしかにスゲー.JPG


石を合掌造りのように組んで

とっても頑丈に作られております。



まるで古い銀鉱山の跡でも見てるような

感覚になるトンネルだよ。




中に入ると合掌状態で組まれた

天井がずっと続いてる。

37 みんな懐中電灯持参です.JPG



昭和初期のトンネルでも廃道後は立ち入り禁止になるのに

明治維新前のトンネルがこうして今でも入れるって

とっても凄い事だと思うよ。



長さは52mしかないけど

歴史の重みをずっしりと感じる隧道でございました。

33 合掌トンネル.JPG



奥深くまで入ると

中央部分だけ素掘りのまま広いスペースになっていて

荷車などが離合できるようになってたのかも。


38 中でいったん素彫りになる.JPG



中央部を過ぎると再び合掌天井になります。






一番心配していた巨大ゲジゲジも連日の寒さで

一匹もいなくて一安心のまま調査終了。





とりあえず中でみんなで記念撮影をするのだけど

みんな集まるとさすがに・・・



34 人間と比べるとこんな大きさ.JPG


せまっ!




でもみんな懐中電灯を持ってツーリングだなんて

変だよね?





隧道の反対側へ抜けると

反対側も森でした。


39 トンネルに向こうの世界.JPG



そのまま進めば林道へ抜けれるようですが

バイクに戻らないといけないので

元来た道を戻りましょう。





しかし帰りの下りはあの苔の生えた石畳が

よく滑るんだよね(汗)


35 石畳は滑る.jpg


石じゃなくて落ち葉の上を歩いた方が

楽かも。




バイクを停めていたJR久大本線のガード下まで戻ると

急に鉄分補給に走る人が数名・・・





線路を眺めていたら

踏み切りなんて近くに無いもんだから

急に列車が来てビックリ!





「キターーー!!」と叫んでみんな退避。


37 にわか鉄モード.JPG



と、ここで帰りのルートを考えるのだけど

耶馬溪から見えていた英彦山はまるで

信州の山の様になっていたので

安全策をとってツーリングのルートティングにおいては

不本意ではあるけど来た道を戻る事にします。


41 鉄ポイントです.JPG


R210で日田まで戻ってそのまま耶馬溪へ向かうのですが

「おしっこ」コールが緑のバイクの方から

出ましたので一品街に寄りました。


42 マサトさんとかおりんはここでお別れ.JPG


で、福岡組のかおりんとmaSatoさんはここで

解散いたします。



探検隊入隊ありがとう。






僕らもトイレ休憩を済ませて

帰ろうとしてたんだけど

こんなの見つけちゃった ↓

43 お店のライト.JPG



何気なくお店の注連飾りを見てると・・・



矢印のところに・・・







こんな奴が ↓

44 イグアナ.JPG


ギャーーー!!


何?これ。







イグアナじゃネ?





本物?

それとも作り物?




作り物かもしれないけど

本物と考えると逃げたペットのイグアナが

暖を求めてライトに抱きついたまま・・・とか?




機会があったらお店の人に聞いてみようっと。





45 石の上を飛んで渡れそう.JPG



んじゃ、僕ら北九州組も帰ります。



46 また耶馬溪経由で帰ります.JPG



スカイロード日田経由で市街地をワープします。


47 ファームロード.JPG



広域農道の終点のところの

「いいちこ」の日田工場の前を通ると

麦焼酎17500Lを積んだローリーが前を走っていました。


48 自分に見惚れる瞬間.JPG


写ってるね。



綺麗に磨かれてるので

つい写ってる自分を見ちゃう。





交差点で信号待ちして

タンクに写ってる自分を撮ろうとしたら・・・


49 何?このノリ.JPG


何も合図してないのに

このノリは何でしょう?




と、ここまでは良かったのだけど

このタンクローリーは

大石峠へ向かう峠を延々と30km/hくらいで

避けもせずにノロノロと走るのであります。



連休なので後は車の列が凄いことになっとる。



いいちこの焼酎は好きだったけど

キライになりそうになりました。





でも登坂車線の部分で前に出ると

ずっと塞き止められていたので前方はしばらくの間

オールクリア状態です。


50 ローリーを抜いたらスイスイでした.JPG



しばらく良いペースで流してると

流石に耶馬渓に入ったところで前車に追いついてしまい

おとなしく後を走るのだけど

今度はめっちゃ睡魔が襲ってきます。




後を走るミドリーノの挙動も変?




なので途中の馬溪橋(ばけいはし)で停車いたします。



38 山国川.JPG


畑の焚き火の煙が

霧みたいになってる。






橋の上にバイクを停めて

石橋見学をしましょう。


40 欄干も石でかなり好きな橋の一つです.JPG



この馬渓橋は大正12年に出来た5連アーチの石橋で

西洋積みがとっても美しいのだ。


39 西洋積みが美しい.JPG


欄干もよく見るガッカリのガードレールなどには

変更されていなくて当時の美観を今に残す

貴重な石橋です。




と、眠気を飛ばすためだけに寄った石橋でしたが

おかげで眠気も飛んだので

一気に北上いたします。

53 杉が赤いな.JPG



耶馬溪からHFRに入ります。


54 HFR.JPG



そしてゆうさんのリクエストの

「えふ」に到着!




僕も今年に入ってから初えふだよ。




耶馬溪を出るまではえふでパフェを食べる気満々でしたが

日が傾いてめっちゃ寒くなったので

パフェはやめてケーキセットを頼んでみた。


42 ケーキセット.jpg


ガトーショコラのケーキのセットを食べながら

マイナリストノートを見ようとすると

ノートに何か挟んでる?





あれ?



tanstaさん、九州に来てたの?



41 tanstaさんからのお土産.JPG



どうもレンタルバイクで九州のシェンロンスポットを

廻っていたみたい。



もう言ってくれたら

あんな所やあんな所へ案内したのにぃ!

(hoshizouさんに今どこにいるか確認してもらったらもう仙台空港じゃった)・・・残念






ノートに挟まったジップロックの中には

KENTAさんが作ってくれたステッカーと

むすび丸バッジが入っていたので

遠慮なくみんなで奪い合いさせていただきました。

(もちろん数セットは後の人の為に残しております)



ありがとう。







では、もうすでに寒くなっておりますが

真っ暗になる前に帰りましょう。


55 えふで解散.JPG


えふの前のそのまま解散します。



今日は完全に僕の行きたいとこだけゴリ押しの

企画でしたが参加してくれてありがとう。



またの探検隊結成を楽しみにしております。



                          by Minorist 響


nice!(99)  コメント(130)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 99

コメント 130

HIRO

日帰りとは思えない内容です(^.^)
by HIRO (2012-02-15 03:41) 

さる1号

大石峠隧道のつらら、良い雰囲気ですね。
川原隧道、辿り着くまでの道といい、その構造といい・・・何だか異次元の入り口に思えます。
向こう側まで通り抜けたら不思議な世界の銭湯で働かされそう(笑)
皆さん向こう側まで行って良くご無事で・・・・


by さる1号 (2012-02-15 06:41) 

Nori

はやにえかなぁと一瞬思ったけど、作り物みたいですね。
それにしても、楽しそうだなぁ。
ええなぁ。
by Nori (2012-02-15 07:43) 

luces

神社の狛カッパにもいわれがちゃんとあるんですね。
江戸時代のトンネルが今でもちゃんと通れるとはすごいことです。
一度行ってみたくなりました。
皆さんノリが良くて楽しそうですね。
by luces (2012-02-15 09:24) 

F

穴は真冬に限ります。
大石峠隧道はとっても×10行ってみたい場所です。(埋まってしまう前に・・・)

「タブン話聞いてない」ちゃつさんがか・わ・ゆ・す・♪
by F (2012-02-15 10:31) 

まつみママ

一人ツーも良いけど
こうしてお仲間同士和気あいあいとツーリング 何時も楽しそうですね
叉 九州は何処へ行っても 見所沢山有って良いですね
隊長の好きな穴ポコ 探すとまだまだ沢山有りそうですね
馬渓橋 何度か拝見してて思うに 本当に素晴らしいです
一度この目で見て見たいで^すvv
あッ 行って見たい えふだ~~^ 何時も眺めるだけ・・クスン 
ツーリングの醍醐味満載の楽しさが伝わって来る記事でした 
by まつみママ (2012-02-15 12:31) 

blue field

僕のいつか行ってみたい所リストを完全に制覇してらっしゃる!
冬の隧道探索に石橋とは羨ましい。

あと宇佐まで行ってしまったTonoji様も素晴らしい・・(汗


あ、あと鉄の写真を撮る際は法面上がってもいいのですが、
レールより高い位置に頭を出すと、鳴らされますのでご注意を~
by blue field (2012-02-15 12:54) 

かおりん

沈下橋にはやられた!(--)
穴ポコは二つとも面白かったね♪
あれが現れる瞬間は何ともいえない感じ~♪
でも絶対一人じゃ入れない(笑)
風が冷たかったけど久しぶりに晴れのツーリングだったので大満足!
帰りも着いて行ってHFRを覚えたかったんだけど、
またあの凍結八木山バイパスを通るのかと思うとやめました。
みんなに会うのは実に半年以上ぶりだったのでキンチョーしたけど^^
今回も楽しかったで~す♪
by かおりん (2012-02-15 13:00) 

ちくまえ。

あ~先をこされてしまった

結構な山道ですな、ツララが危険だけど綺麗!


by ちくまえ。 (2012-02-15 13:24) 

ナツパパ

すごい!!!充実した一日でしたね。
江戸のトンネル、これは通ってみたい。
それよりなにより、狛河童、萌えました(笑)
by ナツパパ (2012-02-15 13:29) 

ぜふ

虫好きですが、実はゲジは苦手なので、穴ポコは冬がいいですね(^_^;)

ところで、「香春のR」ってほんとにそう看板に書いてあるんですね!いまさら…(-_-)
by ぜふ (2012-02-15 13:32) 

yosi

川原遂道の造りがすばらしいです。
天井部分はエジプトのクフ王のピラミッド内部のような造りですね。

by yosi (2012-02-15 13:56) 

せつら

ちょうど天気もよくてツー日和でしたね(^^) 隧道のツララはすごいですね~♪それこそライトセイバーみたいですね。
川原隧道行って見たいです(><)1人は無理ですけど(汗)
by せつら (2012-02-15 16:29) 

ガタロー

こんにちわ〜^^)/
日陰はまだ雪が残ってるんですね〜^^?!
川原隧道素敵d(^^
10分であの隧道が見れるなら...^^
by ガタロー (2012-02-15 17:12) 

くに

おっ、エフ寄ったんですね!ケーキセット同じ日の4時頃食べてました。

まだ、マイナリスト見習いとしては、ステッカーに手を付けるのに気が引けて見るだけにしときました。
でも、テッカー手を付けとけば良かった~。
だって、みなさんで奪い合いしなくてすんだのに(笑)


by くに (2012-02-15 17:37) 

sig

そういえば最近、東京は降らないのに九州に雪という日があったんですよね。響さん、どうしているのかなと思っていたのですが、全然へこたれることなく日常を過ごしていたんですね。
それにしてもピラミッドの中まで見てきたというのにはびっくり。すごいところがあるんですね。また、沖縄じゃなくても川原を「かわばる」と読むんですね。そういえば東国原氏も沖縄じゃないか。
by sig (2012-02-15 17:42) 

もりちょ

確かに一人で行くには躊躇してしてしまいそうな物件ばかりですね。
しかし川原遂道、登山道にでもなってるんじゃないかと思うぐらい綺麗に残っていますね。行ってみたいです。
by もりちょ (2012-02-15 18:46) 

わたべ

まさに、トンネルではなくて隧道ですって感じですね。
皆さん、寒さにもめげず活動中ですね。
私は、もうしばらく冬眠です。
by わたべ (2012-02-15 19:11) 

hoshizou

なんという、正統マイナリストツーリング
集合場所といい、おさげといい、やるべき人がちゃんとやらかすといい、
目的地といい、最後のえふといい、全てが、マイナリストならではですね。
ちなみに、タンクローリーの後ろで、自分をガン見するところは、
RANZANチックです。
by hoshizou (2012-02-15 19:38) 

テリー

前夜遅くでも、響さんが声をかければ、大勢集まるのですね。
大石峠隧道とか川原隊道、よく、残っていますね。
とても、こういう場所には、行けませんので、楽しませて、戴きました。
by テリー (2012-02-15 19:42) 

たんたん

当方もちんg…沈下橋大好きです!
四万十川流域では、いろんなとこで渡りましたが
大分にも有るんですね。
是非渡りに…行けるのか?(笑)
by たんたん (2012-02-15 20:07) 

肥前のFe

つらら 恐竜の口だ^^
  御一行さま 女性軍団の元気さが見えます^^
by 肥前のFe (2012-02-15 20:09) 

j-taro

見所たくさんのツーですね。

一人じゃいけないトンネル…見てみたいけど、怖いんだろうなぁ(^^;
by j-taro (2012-02-15 20:31) 

てんてん

響さんのツーリングはいつも楽しそうですね♪
いつか参加したいな^^;
by てんてん (2012-02-15 20:41) 

Silvermac

青の洞門は何度か通りました。
by Silvermac (2012-02-15 20:45) 

yakko

こんばんは。
気の合ったお仲間とのツーリングは最高に楽しかったようですね〜
子供のようにはしゃいだこころが伝わってきますヨ ∈^0^∋
by yakko (2012-02-15 20:53) 

よっすぃ〜と

隊道の天井構造はまるでエジプトのピラミッド内部のようですね~。
by よっすぃ〜と (2012-02-15 20:56) 

susumu

川原隧道はすごいですね。
石の合掌天井も見ごたえありますね。^^
by susumu (2012-02-15 21:09) 

kei

見所満点過ぎで参加したいっす。
震えっぱなしの一日になりますね。
by kei (2012-02-15 22:51) 

のんの

川原隧道は行ってみたいですねぇ
タンクローリーの後ろを車で走るの好きです。
自分が運転してるとこってなかなか見れないから(笑)
by のんの (2012-02-15 23:01) 

ローキン

楽しそうですね~(^0^)/
大勢だから楽しいのか?このメンバーだから盛り上がるのか?
両方でしょうね~
わたしも、参加したくなりました(笑)
by ローキン (2012-02-15 23:06) 

taka4

一声で8人集合は凄い結束力です!
ひとけの無い場所でも多人数なら何とかなりますね。
綺麗な映像で内容も濃くて楽しく拝見させていただきました^^

by taka4 (2012-02-15 23:10) 

レイリー

凄い!
流石の内容盛りだくさんツーリング!!
楽しそうですね~ (^^
良い穴が沢山で刺激されますッ!
by レイリー (2012-02-15 23:26) 

にゃびのママ

九州でつららはNGのような気がする。
しかし、突発でも8名のツーリングになる響組はさすがです。

でも、もっと気になるのは響さんの腹筋。
是非、本日のわたすの腹筋ネタをお願いします。
by にゃびのママ (2012-02-15 23:31) 

yogawa55はやぶさ

久大本線のキハ185系特急がナイス!
絶好の撮影スポットですね。
by yogawa55はやぶさ (2012-02-16 00:19) 

ANIKI

明治隋道も凄いのに、チョンマゲ時代の隋道が現存しているなんて・・・
初めてみましたが、九州行ってみたいリストに入りました^^。
tanstaさんからのプレゼント、ちゃんと手に届いたみたいですね。。

by ANIKI (2012-02-16 00:25) 

くまら

毎度楽しそうなツーリングですね
落ちてしまえば良いのに・・・と思う前に
私の場合、落とします(爆)
by くまら (2012-02-16 00:36) 

ゆう

香春のR・・ぷぷぷって思ったらちゃつさんの過去動画にもこれ出て来てて、もしやほんまに香春のR?って思って次回検証しなければ・・(^^;)/
沈下橋は、ちくしょ~~~整列出来ないのがくやしぃ~~
倒しても川にバイクが落ちない距離を保ちたいわたす・・
そんなことを考えてるから端っこに置けない・・
タンデムの餌食は、「響さんに乗せてもらい~~」ってちゃつさんが言ったんだけど、「危ねぇ危ねぇ・・」と思ってしまうわたす・・「乗り~~」って言うとのじんのバイクに「よく乗ったね~~」とちゃつさんから言われた・・・
んじゃ誰の後ろが一番安全だったか・・・
自分のバイクに乗ることより安全だと思ってすまったケロ・・
とのじんが「これぞマイナリストって言うツーリングだ」って言ってたけど、hoshizou さんもそう思ったのか・・・
これぞ・・の中にカッパも入れてもらえてヨカッパ!
なが~~いコメントも「これぞ」的な中に入りますので長いコメで・・・
by ゆう (2012-02-16 01:52) 

うえいぱうわ

見所満載ですね。
いいなあ、こういうのすごく楽しそうです。

by うえいぱうわ (2012-02-16 03:54) 

旅風ゆーだい

おお!おしがとう坑道じゃないですか!よく通りますよ!

ばいくで
by 旅風ゆーだい (2012-02-16 04:40) 

せつこ

一声かければこんなに仲間が集まって・・・^^
内容も濃いです、すごいパワーですね。
馬渓橋や風景が観たい。
そちらでもつららができるのね♪
by せつこ (2012-02-16 06:08) 

KENTA

青の洞門の自然の造形感も良いですが、
やはりメインの峠の穴ぽこは凄いですね。
あれは見応えありそうです。
リーダーの牽引力で相変わらず凄い楽しそうな場所の探検、
羨ましい限りです。

そうそう自作ステッカーが、まさかマイナリスト軍団に届くとは驚きです。
ちと恥ずかしいですが、なんだか嬉しいですね。
2012年用にデザインをリニューアル中なので、
暖かくなったら響隊長が東北ツーを兼ねて取りに来てください(笑)。

by KENTA (2012-02-16 07:18) 

海を渡る

充実したツーリングでしたね^^。
明治や大正時代の建造物はしっかりしてますね。
by 海を渡る (2012-02-16 07:29) 

半世紀少年

「1日1カッパ」ってアリなんですね。(^◇^)
あの内部が合掌作りの隧道、頑丈そうですね。
響さんと楽しい仲間のツーレポ、なんか久しぶりって感じ。
今回も楽しく読ませてもらいました。
by 半世紀少年 (2012-02-16 07:36) 

tonoji

楽しかったね~久しぶりにマイナリストって
感じのツーリングでした♪
新年早々やらかしは控えめにって思ってたんだけどねww
やっぱ年末の海の事件が後を引いてる気がします(笑)
大石峠隧道は行きたかった所なので、めっちゃわくわくでした
やっぱ穴っぽこはいいね♪
またおもろい企画楽しみにしていまーす(⌒∇⌒)ノ""
by tonoji (2012-02-16 08:34) 

yatoho

いつも本当に楽しいツーですね^^
うらやましいです。
シンプル焼きそばの麺がとてもおいしそうです^^
by yatoho (2012-02-16 09:26) 

ガイチ

掲示板チェックすれば良かった。
でも寝てる時間帯です(笑)
ホントに内容が濃いツーリングですね~!
確かに穴ボコに入るには道連れが必要ですね。
馬渓橋の近くのパン屋と青の洞門の近くの唐揚屋が美味しいのでお勧めですよ。
by ガイチ (2012-02-16 10:37) 

kiyomako

はじめまして、いつも楽しく拝見させていただいてます
川原隊道・・・
よく通る道沿いに、こんな凄いのがあるなんて知りませんでした
今度行って見たいけど、一人じゃ怖いなぁ・・・

by kiyomako (2012-02-16 11:07) 

美美

いつも楽しいハプニング、、、
いやいや(汗)ツーリングありがとうございます^^
猛禽や野鳥も見れて自然いっぱいなところで
羨ましいですね。
インフルのとき注文したブツはすべて
届きましたか~^^;

by 美美 (2012-02-16 11:15) 

ちゃつ

さっきコメント送信したのに
認証コードを1400って間違えてはじかれたー(Т▽Т)くそー
なので短めで(爆)
川口探検隊のようなシーンを川原隧道で私は見た(;∀;)
隊員を先に行かせて隧道の安全を確認し
最後に突入する用心深い隊長しびきさんに対し
先の予測があまり得意でないヤラかしとのじん。
良いコンビだと思いますww

いつも楽しい企画&先導ありがとう!
またマイナリストで遊びましょう\(^0^)/
by ちゃつ (2012-02-16 13:04) 

OJJ

エアコン付けずに見ていたので、景色も部屋も寒い~~~
最後にイグアナの丸焼き? ゾ~~~~
青の洞門、こっちにも有ったような気がする・・サブイ~~
by OJJ (2012-02-16 14:23) 

チョメ@探検北九

行きたかったなぁ。
一人じゃ怯んじゃいますからねぇ。
あれだけ沢山いれば、怖い物無しです。

モジャの少ない今のうちに、丸塚隧道探険に行きませんか?
もう一度写真を撮りに行きたいけど、一人じゃ怖いですから。

by チョメ@探検北九 (2012-02-16 17:13) 

招き猫

1枚目の写真の高~い穴ポコに いつ入るんじゃろ・・・と最後まで期待しておりました。
九州にはステキな穴ポコが残されていますね。
その穴ポコ、温かくなると足も無いのに滑るように移動する妖怪がでますから
いくらステキでも冬にしか入られないです(>_<)
トンネルの中は温かかったですか?

by 招き猫 (2012-02-16 20:14) 

とし

いい天気で良かったですねぇ~。。。
私の休み水曜日は雨続きでストレス貯まりっ放しですよ~ヽ(`Д´)ノ
穴ポコ付近はさすがに積雪してるんですね・・・( ̄□ ̄;)!!
途中、凍結は大丈夫でしたか~・・・?

いつか探検隊の仲間に入れてくださいねぇ~♪
お疲れ様でした。。。(=^_^=)
by とし (2012-02-16 20:14) 

miyomiyo

このレポを見るだけで九州は穴ポコだらけのよーな気になってくるんで不思議です。
麗らかな冬の日和が羨ましいです。
パワースポットをくぐるゆうさんの表情が、たった今パワーが舞い降りてきたみたいな感じで羨ましい限りです。
んで、その程度の雪なら電チャリならスイスイ行っちゃうであろー自分です。(聞いてナイ?)
にしても隧道の斜めの石に、「ナントカ家之ナントカ」って彫られてたらどーしよーかってドキドキしちゃったです。

by miyomiyo (2012-02-16 22:23) 

アマ

大石峠隋道は雪とツララでいい感じですね(^^)
ここは冬場のほうがキレイそうです。夏はニョロニョロが居てそうですし・・・

香春のRってなんだかポツ~ンと建ってますね(^_^;)
by アマ (2012-02-17 08:29) 

GATA

穴ポコ探検楽しそうですね~。
最後にマイナリストツーリングに参加したのはいつだったか...
今年こそ!
お見送りぐらい...f(^o^)
by GATA (2012-02-17 11:25) 

もちっこ

落ちればいいのに・・・って、ほんまに声に出してる所が大うけヾ(>▽<)o
自分が思わず言っちゃったかと焦りましたよ♪(とのじんさんごめーんw)
そうそう、ちゃつさんと同じ事思った~!
穴ポコうちらを先に行かせて隊長は最後に入ってきたよ~って(*≧m≦)=3 プーッ
また一緒に遊んでくださいね♪
次会うときは腹筋割れてるかな~?(笑)
by もちっこ (2012-02-17 14:41) 

slow

も~めっちゃご無沙汰しちゃってました(^^ゞ
響さんも
心の声・・・・(*≧m≦*)
いつも面白い!!!
v(^^)v
by slow (2012-02-17 20:39) 

響

◆HIROさんへ
レポが長いだけで無給油で遊べる距離なのです。
暖かくなったらもっと遠くへ行きたいです。

by (2012-02-18 01:14) 

響

◆さる1号さんへ
九州も寒いところはあるけどツーリングで雪や
ツララを見ることって珍しいですね。
穴ポコは1人で抜けると本当に異次元に行っちゃいそうでした。

by (2012-02-18 01:15) 

響

◆Noriさんへ
はやにえにしては逆にモズが食べれちゃうくらいの
大きさでしたよ。
また行った時は検証してみたいです。

by (2012-02-18 01:15) 

響

◆lucesさんへ
九州地方のカッパ伝説は滅びた平家の伝説が
絡んでることが多いようです。
江戸時代のトンネルが残ってて
いまでも通れるのが凄いですよね。
でも1人じゃ恐くて入れないです。

by (2012-02-18 01:16) 

響

◆Fさんへ
大石峠の隧道が凝灰岩がはがれて
何時かは埋まっちゃうでしょうね。
僕もまた間を空けて見守って行きたいと思います。
ちゃっつんは・・・でしょ?  聞いてない顔だよね?(笑)

by (2012-02-18 01:16) 

響

◆まつみママさんへ
九州はこんなヘンテコな穴も残ってて楽しそうでしょ?
1人じゃ行けないので生贄がいて助かります。
まつみママさんも何時かは生贄になってください。
えふはパフェを食べるつもりだったけど走ってるうちに
寒くてパフェは寒すぎました。
次回の九州ツアーはえふも入れましょう。

by (2012-02-18 01:16) 

響

◆blue fieldさんへ
今回の隧道はツーリングでも行けそうな所だけを
ピックアップしたので楽な方ですね。
鉄撮りは踏み切りが無いところは音も無くいきなり列車がくるので
避けるのが遅かった若干一名の方が鳴らされとります。(笑)

by (2012-02-18 01:17) 

響

◆かおりんさんへ
沈下橋は完全にかおりんの鬼門だったね。
固まってるのを見てドS心は密かにニヤニヤしてるのでありました。
朝晩は寒かったけど天気も良くて楽しかったね。
峠があるとこの時期は慎重にプランを組まないといけないけど
八木山を越えれて良かったよ。
なんだかいっぱい走ってるイメージだったけど
意外とまだ走ってなくてビックリでした。
またたくさん走る時に一緒に走ってくれ。

by (2012-02-18 01:17) 

響

◆ちくまえ。さんへ
先を越されたって・・・(笑)
まぁ、地面の下に向かってる穴じゃないけど
坑口と言えば坑口ですね。

by (2012-02-18 01:18) 

響

◆ナツパパさんへ
江戸時代のトンネルが凄いでしょう?
こんな石を組む技術が地方の古道にも使われていたことに
感動しました。

by (2012-02-18 01:19) 

響

◆ぜふさんへ
どうかしたら温度が一定な穴の中だと
ゲジゲジがいたりするのだけど
吹き抜ける風のため姿が無くてラッキーでした。
あれを見ちゃうとゆっくり撮影も出来ないです。
で、「香春のR」は僕の落書きです。

by (2012-02-18 01:19) 

響

◆yosiさんへ
まさかエジプトの技術を取り入れたわけじゃないでしょうが
しっかりこういった技術を持っていたことは
同じ九州人として誇りに思います。

by (2012-02-18 01:20) 

響

◆せつらさんへ
ツーリングでツララって寒すぎる演出ですが
なかなか見応えがある風景でした。
隧道は比較的どちらも行きやすいところですが
やっぱり1人じゃ恐いかも。

by (2012-02-18 01:20) 

響

◆ガタローさんへ
峠の頂上でしたので
まだしっかりと雪が残っていました。
隧道はいつも前は通っていたけどこんな凄い物件が
眠ってることにビックリです。

by (2012-02-18 01:20) 

響

◆くにさんへ
えふは時間差でしたか?
惜しい!
ステッカーは貰って行かなかったの?
まだ数セット残しておいたので取りに行きましょう(笑)

by (2012-02-18 01:21) 

響

◆sigさんへ
福岡って日本海側気候なので雪が降るのですよ。
お陰様でツーリングのルートが行きたい所じゃなくて
「行けるとこ」になっちゃうのが哀しいです。
「原」を「ばる」って呼ぶパターンは多いけど
九州地方だけ?

by (2012-02-18 01:21) 

響

◆もりちょさんへ
隧道は一度行けば一人でもなんとかなりそうですが
やっぱりみんなが要れば安心してゆっくり撮影できるのがいいですね。
でもみんながいても夏場だけはパス。

by (2012-02-18 01:22) 

響

◆わたべさんへ
隧道もしくは坑口って感じでしょ?
寒さにはめっぽう弱いので
天気予報を見て耐えれる気温かどうかはかなり
慎重に検討してからスタートしております(笑)

by (2012-02-18 01:23) 

響

◆hoshizouさんへ
寒いときはマイナリスト物件に行きやすい時期なので
ある意味ベストシーズンかも。
タンクで自分を見るパターンはライダーならみんな好きかも。
つい車間を詰めちゃうので要注意だね。

by (2012-02-18 01:24) 

響

◆テリーさんへ
たぶん休みの前夜はどこに行こうかな~?って
みんな考えてるところにタイミングよく
連絡が行ってるのかも。
もっと早く言えよ!と言われそうですケロ。

by (2012-02-18 01:24) 

響

◆たんたんさんへ
沈下橋のあるところって
だいたい風光明媚な川の風景の中にあるので
良いですよね。
四万十川の沈下橋はかなり高い奴もあるので
あれはドキドキでした。

by (2012-02-18 01:24) 

響

◆肥前のFeさんへ
近場ツーは女性率が高くなりますね。
でも林道もガツガツと入っていく頼もしい女性達でした。

by (2012-02-18 01:25) 

響

◆j-taroさんへ
トンネルはなかなか壮観でしたよ。
1人で見たら恐いけどこれは想像以上に見応えのある穴ポコです。

by (2012-02-18 01:25) 

響

◆てんてんさんへ
ツーリングというより面白ツアーみたいになっちゃうのが
僕のツーリングです。
でもバイクならではの旅的なツーリングもどんどんやりたいです。

by (2012-02-18 01:25) 

響

◆Silvermacさんへ
流石に青の洞門もしっかり押さえていますね。
青の洞門は耶馬溪では一番の観光スポットですよね。
通過はするけど歩いてじっくり見てみないといけない場所でもあります。

by (2012-02-18 01:26) 

響

◆yakkoさんへ
みんな良い歳なのですが
はしゃいじゃうのはバイクと言う開放的な乗り物のおかげかも。
でも朝と帰りは寒さで無口ですケロ。

by (2012-02-18 01:26) 

響

◆よっすぃ~とさんへ
この石組みの隧道は凄いでしょう?
石畳も残ってることだし熊野古道と同じくユネスコに登録しても
よさそうな気がします。

by (2012-02-18 01:27) 

響

◆susumuさんへ
こんな隧道がいまでも残ってるって驚きですね。
大分県と言えば石の文化が進んでる地域ですので
こうした方式が取られたのでしょう。

by (2012-02-18 01:27) 

響

◆keiさんへ
是非参加してください。
峠は寒かったけどトンネルはみんなと楽しく見るので
震える心配はいりません。

by (2012-02-18 01:28) 

響

◆のんのさんへ
タンクローリーの後ろってつい自分を見ちゃうよね?
一番好きなのは追い抜く瞬間でタンクに一番大きく写って
タンクを掠めて消えていく瞬間です。
ほとんどのドライバーはその瞬間は前を見てないと思います(笑)

by (2012-02-18 01:29) 

響

◆ローキンさんへ
みんながいたので楽しめたツーリングでした。
1人だと林道でビビってトンネルさえ行き着けてないかも。

by (2012-02-18 01:29) 

響

◆taka4さんへ
隧道探検は最低3人は欲しいと思っていましたが
8人だともう恐い物は無いです。
えっ?何で3人?
それは僕の前に1人と後ろに1人で守ってもらうためです。(笑)

by (2012-02-18 01:30) 

響

◆レイリーさんへ
近場ですが寒い時期限定の楽しみにしていた
物件に突入してみました。
身近なところに凄い穴が残っていて感動です。

by (2012-02-18 01:30) 

響

◆にゃびのママさんへ
九州もツララがあるのです。
阿蘇なんてしばらくバイクで近付けないよ。
えっ?僕の腹筋?
えぇ、阿蘇の米塚みたいですがこの先は北海道の平原のように
ぺったんこになる予定です。

by (2012-02-18 01:30) 

響

◆yogawa55はやぶささんへ
久大本線は由布の森号を期待したけど
ちょうどいいタイミングで列車が来ただけでもOKでしょう。

by (2012-02-18 01:31) 

響

◆ANIKIさんへ
ちょんまげの時代の石工の技術は凄いですよ。
昭和のトンネルでも入れなくなっちゃうのに感動します。
ステッカーのバッチは嬉しいサプライズでした。
なんだかみなさんと繋がった気分です。

by (2012-02-18 01:31) 

響

◆くまらさんへ
夏場だったら落としたいですよね。
助ける振りして自分も落ちて遊びたいかも。

by (2012-02-18 01:32) 

響

◆ゆうさんへ
沈下橋はゆうさんのバイクだけド真ん中という・・・(笑)
林道はみんながいるときはガツガツ入っても大丈夫だよ。
カッパは1日1カッパを守るべく探すと以外と道沿いの神社にあって
びっくりだったよ。
みんなでガヤガヤと騒ぎながら回るツーリングはやっぱり楽しい。
またどこかに行きましょ。

by (2012-02-18 01:32) 

響

◆うえいぱうわさんへ
近場ですが初めて行くところだったので
ワクワクのツーリングでした。
またヘンテコなところがあったらみんなを生贄にして行きたいです。

by (2012-02-18 01:32) 

響

◆旅風ゆーだいさんへ
この隧道は有名だよね。
バイクはもちろん手前の林道までだと思うけど
手前までいけると楽チンだ。

by (2012-02-18 01:33) 

響

◆せつこさんへ
馬渓橋のほかにもオランダ橋と呼ばれるこうした
西洋風の石橋が多いところなのですよ。
なんど見ても美しい橋だと思います。

by (2012-02-18 01:33) 

響

◆KENTAさんへ
ステッカーありがとうございます。
まさかえふに寄るとGETできるなんて思ってなかったので
嬉しいお土産でした。
2012年バージョンを受け取れるように頑張って計画いたします。

by (2012-02-18 01:34) 

響

◆海を渡るさんへ
明治や大正の物件って頑丈ですよね。
特に大分県に残る石の文化はどれも美しくて
こうして今でも現役なのが凄いと思います。

by (2012-02-18 01:34) 

響

◆半世紀少年さんへ
1日1ソフトが良いけど寒いも~ん。
1日1カッパでこの時期は乗り切ろうと思います。
そういえばマスツーリングは年末にやってないので久し振りです。

by (2012-02-18 01:35) 

響

◆tonojiさんへ
久し振りのマスツーだったので
後ろを見ないでガンガン走っちゃったけど再会できてよかった(笑)
穴ポコはどちらも絶対行きたいリストに入れていたので
行けて良かったよ。
また楽しいやらかしを期待しつつどこかに行きましょう。

by (2012-02-18 01:35) 

響

◆yatohoさんへ
焼そばは一度食べるとハマると思いますよ。
それだけ独特です。
見た目はシンプルだけど以外と食感も味も奥が深い食べ物です。

by (2012-02-18 01:35) 

響

◆ガイチさんへ
前の日の深夜までの勤務だったので
帰ってからバタバタと掲示板に書いたのが遅くなりました。
耶馬溪も大分なのでやっぱり唐揚屋が多いですね。
機会があればおやつで摘んでみたいと思います。

by (2012-02-18 01:36) 

響

◆kiyomakoさんへ
ご訪問&コメントありがとうございます。
僕も前の道は何度も通ってるけど
まさか道から近くの所にこんなゾクゾクする物件が眠ってるなんて感動ですよ。
でも、1人では行けないんだな。
恐いって言うのもあるけどイノシシとかも恐いし
数人で行った方が良いかも。

by (2012-02-18 01:36) 

響

◆美美さんへ
近いところへのツーリングでしたが
いがいと見所あるでしょ?
インフルの物は全部届きましたよ。
一個前のレポで全部を紹介しています。

by (2012-02-18 01:36) 

響

◆ちゃつさんへ
100cc上乗せしたのね?
あ、隧道の入り方をしっかりチェックされてた?
隊長たるものやっぱり早く入りたがってる隊員を
先に入れてあげたいじゃない?
やさしかろう?
今回は先導ありがとうね。
500mくらいやったけど・・・

by (2012-02-18 01:37) 

響

◆OJJさんへ
隧道の中は逆に少し暖かいかも。
照明に抱きついてるイグアナはちょっと衝撃的でした。
本物かなぁ?

by (2012-02-18 01:37) 

響

◆チョメ@探検九州さんへ
今回行った場所はチョメさんにとってはかなり軽い場所でしょう?
なので初心者の僕でも行けるツーリングだと思っていって来ました。
丸塚ってたしか玖珠でしたよね?
チョメさんが恐いって言うレベルは僕には恐怖だったりするので
ドキドキします(笑)

by (2012-02-18 01:38) 

響

◆招き猫さんへ
1枚目の穴ポコに入ると迷路で一生出れないかも。
ま、無事に出てこれても全身真っ白で誰だかわからない状態でしょう。
暖かい時期の穴ポコ探検は見たくない天敵がいっぱいで
僕も近づけないですよ。

by (2012-02-18 01:38) 

響

◆としさんへ
実はこの日はサボリです(笑)
僕もサボらないとなかなか天気の日に休日が回って来ません。
道の凍結は大丈夫でしたよ。
でも英彦山とかは真っ白でしたので近付いていません。

by (2012-02-18 01:39) 

響

◆miyomiyoさんへ
穴ポコが特に多いと言うより
探し出してるだけなのかも。
雪のレベルは本場と比べてはダメです。
慣れてない九州人はちょっとの雪でも突入を断念するのであります。
あ、石は何とかの墓を書く石と一緒だよ。
そっち系の怖さはほとんど感じないのが響探検隊です。

by (2012-02-18 01:39) 

響

◆アマさんへ
もっと山へ行けばツララも凄いのがあるけど
バイクで行けるところでツララを見るって九州ではあまりないので
面白い光景でした。
香春のRは田舎の土地をうまく表現してるでしょ?(笑)

by (2012-02-18 01:39) 

響

◆GATAさんへ
そうだね~・・・
もうかなりの年月が開いてるかな~?
って、バイクで遠くにツーリングってあまりやってないのでは?
R1も今年は3万キロくらいを目標に走ってください。(笑)

by (2012-02-18 01:40) 

響

◆もちっこさんへ
穴ポコでみんなに先に行って貰ったのは
ほら、入り口の写真をさ、撮ってたらさ、
みんな先に行っちゃった・・・ミタイナ。
今回はいきなり林道は命がけの一本橋などお付き合いいただき感謝します。
腹筋が割れて無くてもまた遊んでね。

by (2012-02-18 01:40) 

響

◆slowさんへ
ようこそ!
またボチボチっと遊びに来てくださいね。

by (2012-02-18 01:40) 

T2

いや~両隧道とも見たい物件なので
非常に残念・・
たしかに、一人では って思ってるんですよね~
お誘いありがとうございました!
“いけないかも?”って思っても
また誘ってね~!
by T2 (2012-02-18 07:26) 

ひろろん

響さんへ
んー行きたかったけど、行かなくて正解だったのか・・・
(救急車で運ばれました・・ワタクシ・・)
っていうか掲示板気づくの遅すぎたけど・・(笑)
でも、この隧道は冬のツーには最適ですね、散歩で体も暖まるだろうし。
あそこにオン車で行ったというのが凄いです。川原隧道はかなり歩いたんじゃないでしょうか。
冬はこんなつららが~、これはまたいい感じ~
by ひろろん (2012-02-18 12:30) 

tansta

大分方面って歴史と雰囲気のある隧道があるんですね
ソロでは恐いし、夏はこっちにいないキモイ虫も居そう。冬に探検隊を組んで行くのが正解なんですね。
いつもながら盛りだくさんで楽しそうなツーです
お土産奪い合っていただき、ありがとうございます^^
by tansta (2012-02-18 17:02) 

ノリパ

寒い中すごいツーリングですね。それにしても目的地がいつも想像つかない物件、マイナリストって面白いですね。懐中電灯もってのツーリング、、、面白すぎデス。
by ノリパ (2012-02-19 08:55) 

響

◆T2さんへ
一緒に行けずに残念。
行ってみると明るい昼間だと行けそうな感じもするけど
やっぱり山なので一人じゃ危ないかもね。
懲りずにまた誘わせていただきます。

by (2012-02-20 12:11) 

響

◆ひろろんさんへ
たいへんだったみたいだね。
体調が良いときにまた遊んでください。
ツーリングでツララって言うのがなかなか冬らしくて
オツな景色でした。

by (2012-02-20 12:11) 

響

◆tanstaさんへ
奪い合いでケーキを食べてるフォークが
武器にならなくてよかったです(笑)
穴や廃墟は基本的に冬がいいですよ。
とにかく天敵の生き物がいないのが最高です。

by (2012-02-20 12:12) 

響

◆ノリパさんへ
寒い日が続く中で天気が良い日でよかったです。
冬ならではの目的地でなかなか壮観な眺めの穴2連発でした。

by (2012-02-20 12:13) 

旅風ゆーだい

耶馬溪側から入って、日田側から脱出なのです(´・ω・`)
by 旅風ゆーだい (2012-02-21 09:14) 

響

◆旅風ゆーだいさんへ
旧道はまだ通ったことがないので
何時かまた探検してみます。

by (2012-02-21 12:51) 

ももず

こうやって皆で探検すると楽しいですよね~
隧道って結構あるんですね、最近もどこかで通ったが
どこだっただろう・・・ハテ?(記憶喪失・・・)
by ももず (2012-03-09 16:50) 

響

◆ももずさんへ
隧道って多いけど
入れなくなってる隧道もたくさんあるので
こうして入れるのって貴重だよ。
入れても幽霊伝説があったりするトンネルもあるもんね。
関東方面で行きたいのは有名だけど天城トンネルと房総半島の
素彫りのトンネルかな?
飛んだ記憶に入ってるかな?


by (2012-03-11 12:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。