So-net無料ブログ作成

廃線船木鉄道の大棚隧道をゆく [廃墟&近代化遺産]



かつて日本中を鉄道が網羅していた

時代に山口県の宇部市から

吉部まで鉄道が通っていました



線路跡です.JPG



廃線になった路線ですがそれも約50年近くも前から

埋もれ続けている鉄道跡へ

廃墟ハンターは来ています。




廃線を全線辿りたいけど地元じゃない僕には

無理そうなので一番鉄道の遺構として

魅力のある物件が嘗ての終着駅の吉部に程近い

所に残ってるようなのでそれにターゲットを絞ってやってきたのだ。



線路の跡形もありません.JPG



大正5年に船木軽便鉄道として

開業し鉱物を主の運んでいた鉄道でした。




直近の大正7年に船木鉄道となり

吉部から石炭などを運んでいたのでしょう。




太平洋戦争中は休止していた

鉄道だが終戦後も石炭の需要が落ちて昭和36年といった

比較的早い時期に廃線を迎えた路線です。


どこまで続くのか?.JPG



線路などはもう廃線から50年近く経とうとしてるので

跡形も無いけど立地が今でも田畑が残る

長閑な場所だったので畦道ですが

こうして廃線の跡が残っています。




その畦道から竹林の中へ入ると・・・



埋もれ具合が最高!.JPG



船木鉄道唯一の大棚隧道が見えて来た



大棚隧道です.JPG





荒れてはいるけど

普通に歩いていける足場は確保されています。







近くまで寄ってみると


苔が這いえていますが赤煉瓦です.JPG




赤煉瓦だ。




下部は石積みで上部が

赤煉瓦のノッポなトンネルです。





良く見る単線のトンネルのように下の方は狭まってなくて

垂直に切り立ったまま上部で

アーチを描くデザインのトンネルでした。




振り返って見ると

トンネルまでは切り通しだったようだね

竹薮の中は涼しいです.JPG



意外と明るい竹林だったので

あまりビクビクしないまま

トンネルの中へ入って行けたよ。



黒い部分は煤かな?.JPG



この大棚隧道は大正15年に吉部まで延長された時に

出来た隧道で

もう85年くら前の物と言うことになります。





上部が黒いのはSLの煤かな?





吉部側から入りましたが

宇部側はこんな感じ ↓

出口.JPG



かなり自然回帰しています。




汽車走ってたって信じられない.JPG



歩きでも結構ハードな辿りになりそうなほど

荒れています。




入った方とは違った

時の流れを感じるような状態だ

荒れ具合が廃線らしい.JPG



嘗ては日本を支えた石炭を

運んでいた面影はもう無い



かなり苔がついています.JPG




苔が煉瓦を隠すように

蔓延っていて遺跡らしい風景となっています。


自然回帰中.JPG




まさに

近代化遺産




もう95年にもなるのに

しっかりと形を留めている

大棚隧道に敬意を示して廃墟ハンター流の敬礼!

軽装でも大丈夫.JPG




セルフダッシュの足音が

エコー効果で聞こえる

大棚隧道からでした。



トンネルの光.JPG





竹林から出ると

終点の吉部方面が見えるけど

藪に埋もれていくのであります。


想像力で列車を走らせてください.JPG




今日も楽しい廃墟探検に

お付き合いいただきありがとうございました。



かなり解り難いところにあるけど

廃線跡さえ見つけてしまえば

意外とスイスイ行ける隧道はココ



nice!(86)  コメント(58)  トラックバック(0) 

nice! 86

コメント 58

のんの

竹林はいいですよね~!
吉部側と宇部側はホント感じが違いますね
静かに静かに古き時代が過ぎ去ってゆく・・・
by のんの (2011-07-10 23:14) 

miyomiyo

石炭を積んで走ってた割にトンネルの高さが低い気がして驚きです。
随分年月が経ってるのにトンネル内が全く崩落してないのも驚きです。
樹木が追っ手から逃げる時に倒したみたいにも見えます。
隊長は誰かに追われてるんでしょーか。(女性から?)

by miyomiyo (2011-07-10 23:21) 

半世紀少年

んー。
近代化遺産ですかぁ。
なるほどぉ。
by 半世紀少年 (2011-07-10 23:51) 

ゆう

最後のジドリは細長くなり過ぎで響さんに見えません(^^;)/
何となく竹の中からかぐや姫が出てきそうなところだねぇ~
by ゆう (2011-07-11 00:54) 

yogawa55はやぶさ

船木バスは健在です。
宇部・山陽小野田の国道2号線沿い、山陽本線沿線は歴史と自然に恵まれており、隠れたスポットですね。
by yogawa55はやぶさ (2011-07-11 03:50) 

yakko

お早うございます。
廃墟ハンターさま、お疲れさまでした。普通には絶対見られない景色ですね〜〜 歴史が藪に埋もれていく・・時代の移り変わりを感じます。
by yakko (2011-07-11 06:01) 

河原

歴史の浪漫を感じられて、面白いですネ!

by 河原 (2011-07-11 06:14) 

ぜふ

切り通しに隧道とは不思議ですねー
ここだけ土砂崩れが頻発したのでしょうか・・

それにしてもどれも見事な構図! とくにヤツデの写真がナイス!
by ぜふ (2011-07-11 06:16) 

レイリー

廃線跡って結構わかるものなんですね~
鉄道はホントすくなくなりました。。。

by レイリー (2011-07-11 06:16) 

さる1号

竹林の中のトンネル、いい雰囲気ですねー。
この中を小さなSLが走っていたのですね。
トンネル内が意外と綺麗ですね。
by さる1号 (2011-07-11 06:58) 

yatoho

おはようございます。

涼しそうですね、ひっそりした感じが風情がありますね。
by yatoho (2011-07-11 08:08) 

くまら

こういう廃線やトンネルを見ると
なぜかさみしくなっちゃいます。
by くまら (2011-07-11 08:34) 

海を渡る

廃線跡は結構残っているもんですね。
竹の勢いはすごいですね。
by 海を渡る (2011-07-11 09:00) 

an-kazu

ひっそりと響さんを待っていたんですね!
by an-kazu (2011-07-11 09:05) 

せつこ

なんか~~怖い感じで見ました。
響さん勇気ありますね。
昔は人々の足として走っていた鉄道、立派な隧道の煉瓦を見てイメージをしております。
by せつこ (2011-07-11 09:56) 

Silvermac

当地も馬路村に,かつての総延長距離200キロの森林鉄道が残っています。路線の一部はは観光に使われています。
by Silvermac (2011-07-11 11:05) 

Silvermac

当地にもかつての森林鉄道の一部が残って、観光用に使われています。
by Silvermac (2011-07-11 11:06) 

かおりん

蚊に囲まれそうな雰囲気に見ていて痒くなりました。。
コワーイ熊が出ますよ、(>0<)。。
by かおりん (2011-07-11 12:40) 

タカチケンジ

廃墟には一人で行くことが多いんですか?

僕はバイクで山の中を走るんですが時々、
得体の知れない存在を感じることがあって
急に怖くなることがあります。

by タカチケンジ (2011-07-11 13:17) 

luces

美しいトンネルですね。
竹林の中にあると、なんだか神秘的です。
by luces (2011-07-11 13:26) 

せつら

廃線って感じが伝わってきます(^^)♪ 特に竹林!!いいですね~♪
山の獣達には気をつけてください。
猛ダッシュで猪に追われながら、トンネルから出てくる響さんを想像しちゃいましたf^^;
by せつら (2011-07-11 13:27) 

びくとる

鉄道跡、トンネルとかいいですね。
道路とはまた違った雰囲気が素敵です。^^
by びくとる (2011-07-11 16:52) 

熊鹿夫婦

響さんへ
人しれず長い時間をかけて全てをリセットしていく美しさを感じさせますね!限られた目撃者に感謝です。( ^ ^ )/□
by 熊鹿夫婦 (2011-07-11 17:18) 

にゃびのママ

私の生まれた年に廃線になったんですね。なんだか親近感が。
でも、山口は遠いので行けませんが、うちの乗物フェチも好きそうな現場です。
by にゃびのママ (2011-07-11 17:36) 

yosi

何も知らないで山の中でこんなトンネルを見つけると不思議に感じますよね。
まさか鉄道が通っていたなんて誰も思わないだろうな。
by yosi (2011-07-11 17:44) 

リュカ

ディスカバリーチャンネルか、ナショジオチャンネルで
人類滅亡後の世界を放送してましたが、そのときのCG映像のようだわって
思っちゃいました。
こんな風に木々や草が飲み込んでいくのですね~
by リュカ (2011-07-11 18:44) 

j-taro

廃線跡っていいですね。
道路に転換される所も多いですが、自分は自然のまま朽ちていく感じが好きです。
by j-taro (2011-07-11 18:49) 

gantetsu

いつもながら、すごいところをご存知ですよね。
人知れずって感じがでてて、すごいですね。
by gantetsu (2011-07-11 19:13) 

kei

ひっそり感がなんか寂しいです。
でも涼しそうでいいな。
by kei (2011-07-11 19:21) 

うえいぱうわ

トンネルの手前と奥で時間の流れが違うみたい
ですね。
by うえいぱうわ (2011-07-11 21:14) 

ローキン

竹林とのコントラストがいいですね~
まさに、廃墟ハンターの本領発揮ですね~!(^0^)/
by ローキン (2011-07-11 21:38) 

ゴーパ1号

いま、部屋の灯りを消して見ているのですが
…雰囲気ありますね^^;
by ゴーパ1号 (2011-07-11 22:02) 

なん

緑に覆われた風景,清涼感を感じますネ。
nice!な雰囲気が印象的です。(^^♪

by なん (2011-07-12 00:49) 

あお

時の流れを感じさせますね
涼しそうだけどひとりで行くのは怖いような・・・

去年の記事ですがコアジサシ情報です
http://qnet.nishinippon.co.jp/animal/with/2010/07_post_168.shtml
意外と近くにいるみたいですよ^^
by あお (2011-07-12 01:25) 

響

◆のんのさんへ
埋もれ具合がとってもステキな隧道でした。
廃墟冥利につきます。


◆miyomiyoさんへ
多少は土砂で埋もれて
トンネルは低くなってるかもね。
女性から逃げるなんて妄想の中だけです(モテモテの妄想)


◆半世紀少年さんへ
廃墟も頑張って残れば近代化遺産です。
気付かれないままこれからも残ることでしょう。


◆ゆうさんへ
手を上に伸ばせば横に広がった腹部も
スマートに伸びるのじゃ!


◆yogawa55はやぶささんへ
街が近いけどこの近辺はとっても
自然豊かで良い所ですよね。


◆yakkoさんへ
非現実的な風景でしょう?
この普段の生活では見れないギャップが廃墟の魅力ですね。

by (2011-07-12 02:59) 

響

◆河原さんへ
藪を掻き分けて行くのは苦手ですが
埋もれ具合に対して意外とすんなり近づけれる
フレンドリーな遺構でよかったです。


◆ぜふさんへ
隧道を掘るほどの山じゃないようですが
昔はもっと山だったのかな?
ヤツデがジャングルっぽい演出を出してくれてて
雰囲気最高です。


◆レイリーさんへ
ラフな情報だけだったので近所の民家で聞き込みをして
探しましたよ。
線路跡もすっかり農道みたいになっているので
聞かないと気付かないです。


◆さる1号さんへ
小さなトンネルですが
周りの雰囲気と合わせてとってもいい感じですよね。
状態も良くてA級物件でした。


◆yatohoさんへ
竹林に入った瞬間から気温が5度くらい下がった感覚でした。
おかげで長い時間堪能できました。


◆くまらさんへ
兵達の夢の跡って感じですよね。
哀愁を感じるトンネルでした。

by (2011-07-12 02:59) 

響

◆海を渡るさんへ
廃線の殆どは再開発されたり道路になったりしますが
ここはひっそりと残ってくれていました。


◆an-kazuさんへ
待ってくれたのかな?
蚊も出なかったし歓迎されたのかも。


◆せつこさんへ
産業を支えた遺産ってことで
怖いというより威厳を感じるトンネルでしたよ。


◆Silvermacさんへ
総延長200kmってかなり辿り甲斐がありますね。
絶対1日じゃ無理そうです。


◆Silvermacさんへ
森林鉄道ってことは小さな軌道用のSLかな?
見てみたいです。


◆かおりんさんへ
蚊は出なかったのでたすかりました。
後、ムカデもゲジ×2も出なくてラッキー!
あっ、本州なんで熊はヤバイね。

by (2011-07-12 02:59) 

響

◆タカチケンジさんへ
怖い廃墟はツーリングで生贄を連れて行ったはしますが
探さないといけないような廃墟はよほど好きな人じゃないと
誘えないので一人ですよ。
得体のしれないような感覚がするような謂れのある
ところには行かないので大丈夫です。


◆lucesさんへ
森の中にポツンと出現するトンネルが良いですよね。
雪が積もった時なども見てみたい場所でした。


◆せつらさんへ
イノシシは金山で出会って怖かったので
気を付けます。
イノシシに追われて走るよりキジを追いかけて走ってるかも。


◆びくとるさんへ
廃線のまま手を加えれないまま
埋もれた廃線に残ったトンネルは美しかったです。
時間の経過がわかる気がする遺産ですね。


◆熊鹿夫婦さんへ
地元に方に聞かないと絶対判らない場所にあるので
こうして綺麗な埋もれ方をしたまま残っていたのでしょう。
これからも綺麗なまま埋もれ続けてほしいです。


◆にゃぴのママさんへ
歳がバレますぜ(笑)
山口は遠いけどそこを通り越して
九州へ起こしになるのですね?
そう言えば角島など見所もいっぱいですよ。

by (2011-07-12 02:59) 

響

◆yosiさんへ
偶然には絶対見つからない場所にありました。
多少調べていったけど撃沈して近所で聞き込みしましたよ。


◆リュカさんへ
人類が滅亡したら街の中もこんな風に埋もれていくかもね。
最後まで生き残るのはやはり弱いと思われている
植物とかなのかな?


◆j-taroさんへ
廃線跡はサイクリングロードや県道になったりしますが
ここは田舎過ぎて開発の手が伸びなかったようです。
おかげでステキなトンネルが残ってくれていました。


◆gantetsuさんへ
流石に判らなかったので人を探して聞きました。
目印なんか無い山の中ですので
曲がるところをお店や家じゃなくて「木」で説明されました。


◆keiさんへ
誰も訪れないような
埋もれたトンネルでした。
怖いというより神秘的な感じでした。


◆うえいぱうわさんへ
出口側の荒れ具合は
時の流れを感じるほど自然回帰していましたね。
こうした雰囲気を感じることが廃墟ハンティングの醍醐味です。

by (2011-07-12 03:00) 

響

◆ローキンさんへ
竹林なので鬱蒼としていますが
比較的明るいのでとっても見やすかったです。
なかなかお目にかかれない貴重な遺構でした。


◆ゴーパ1号さんへ
節電中ですか?
廃墟系は暗くしてみると良いかもしれませんね。


◆なんさんへ
たしかに竹林に入った時点で空気が変わりましたね。
ヒンヤリとして思ったより竹林が明るくて
恐怖を感じる事無く見れて良かったです。


◆あおさんへ
トンネルついでにウグイスでも・・・と思ってたけど
声だけでした。
コアイジサイは僕の職場の近所で?
でもこのビオトープは入れないのですよ。
でも周りを探してみる価値はありそうですね。
ありがとうございました。

by (2011-07-12 03:03) 

旅爺さん

この廃線後は自動車道路にしてもあまり通らない所なんでしょうね。
白河~棚倉線は昭和30年頃?廃線の後、バス専用道路でしたが今では一般車も通行出来てる所もあるんですよ。
by 旅爺さん (2011-07-12 06:34) 

たくや

綺麗なトンネルですが
この時期だとニョロニョロがいそうで怖いです
by たくや (2011-07-12 10:22) 

awakuran

涼しそうなトンネルですね~
竹林のトンネルも風情がありますね(^-^)


by awakuran (2011-07-12 10:59) 

美美

レンガの隋道はまるでアートですね^^
今日はそんなに怖いところがでてこなかったので
安心して見れました(^_^;)
いつもドキドキで見るときがあるんですよ~。
下から2枚目素敵ですね!
by 美美 (2011-07-12 11:52) 

まつみママ

この様な竹藪とか隧道のショットを見るにつけ
一時 暑さも吹き飛んで 清涼感さへ感じられますね
夏場には特にうってつけな場所・・・とは言え行くのはご遠慮しますわ(笑)
こうして拝見して居るだけで充分満足です 別にビビってる訳ではないけどさ
なので隊長がどんどん行ってパチパチ写真を写してきて下さい。
第一 どんな所でも隊長の素晴らしいセンスで撮られるショットは感動もの
皆さんもきっと待ち望んで居ることでしょうし 
時にはあれッ?的な物あるけど・・ブッ
どうぞ 夏の暑さにも負けず・・ (宮澤賢治ね(笑)頑張ってくださ~~~い
五右衛門ちゃん達の面倒も忘れずにね 何か起きたら大変よ! では~

by まつみママ (2011-07-12 13:45) 

アマ

昔の建造物のほうが丈夫な気がします。
  今のコンクリは100年は持ちそうにないですが(^^;)

そろそろ藪も茂ってきたので、お山へ行きにくい季節となりましたね(>_<)
by アマ (2011-07-12 15:13) 

テリー

昔の鉄道の遺跡と言っても、大棚隧道がないと、わからないですね。でもよく、見つけましたね。ここなら、いくら、一人で、撮影していても、大丈夫ですね。
by テリー (2011-07-12 15:50) 

ANIKI

いい廃鉄ですね。
赤レンガを使用しているのがこちらより多いことに興味が沸きます。。
竹は繁殖が早いので、結果そうなりますね。
ロマンですね。。

by ANIKI (2011-07-12 17:14) 

susumu

吉部側と宇部側の対比も面白いですね。
昔のレンガは味わいがありますね。^^
by susumu (2011-07-12 21:09) 

uni

汽車は架線がいらないから、廃線になってしまうと鉄橋・トンネル以外は跡形もなく消えてしまいますよね。
だから、トンネルだけとか、タウシュベツのような橋梁だけが残ると、詩的な雰囲気になります。

by uni (2011-07-12 23:22) 

響

◆旅爺さんさんへ
開発の手も入らない長閑なところでしたので
こうして残ってたようです。
街中の廃線跡でも少ない痕跡を探す楽しみもありますね。


◆たくやさんへ
竹薮には不思議とニョロニョロは見ないですね。
雑木林のようにいろんな生き物が住んでないから?
そのかわりムカデなどがいそうでした。


◆awakuranさんへ
竹林なので明るいのでしょう。
そうじゃなかったら多分ビビリの僕は
辿り着けなかったかも。


◆美美さんへ
廃道ですが比較的明るかったので
ステキな場所に感じました。
廃病院などいわく付きのところ等には行かないのでご安心を!

by (2011-07-12 23:23) 

響

◆まつみママさんへ
ちょうど良い木漏れ日で明るくて涼しかったよ。
これ以上鬱蒼となるとビビッちゃいますケロ
これくらいだったらまつみママさんも先頭をあるけるでしょう。
素晴らしいセンスで?
いや~、そんなに褒めても探検する時はまつみママさんが先頭です。
五右衛門の餌は暑くなったので生餌を控えるように気を使う毎日です。


◆アマさんへ
昔は材料も良い物を使っていたようですね。
煉瓦でも竹林といった地震に強い立地なので
亀裂も無く綺麗なままでした。


◆テリーさんへ
隧道以外は廃線の痕跡はゼロですね。
推理することすら難しいくらいの状態でした。
明るい竹林だったので怖くなくて助かりましたよ。


◆ANIKIさんへ
赤煉瓦は良いですね。
古くなって煤けた感じがまた素晴らしいです。
竹林は手入れをしていないので
かなり荒れちゃっていました。


◆susumuさんへ
入口側を見た感じではトンネルの向こう側もしばらく
散策が出来そう?って思いますよね?
反対側はイノシシに絶対出会いそう。


◆uniさんへ
九州や中国地方は電化されたところが廃線になるって
パターンは少ないので殆どはこういった汽車が走っていた路線ですね。
少ないながらも残ってれば遺跡のようになっていて感動します。

by (2011-07-12 23:32) 

ひろろん

こういうところって一人で行くと、
見に行くまでは気が張ってるからいいけど、
帰る頃になって、

ふと・・・

怖くなったりしません? (笑)
by ひろろん (2011-07-13 01:33) 

T2

見事な隧道!
入り口までは、けっこう手入れされてあるみたいだけど
奥は放置ですね
切りとおしの奥に隧道 見本みたいです
by T2 (2011-07-13 10:02) 

ガタロー

こんにちわ〜!^^
この辺りは先日、吉部の大岩郷を探して徘徊してたところです
仕事前だったので結局見つけられず引き返しましたけど、またチャレンジしてみま〜す!^^
by ガタロー (2011-07-13 13:45) 

F

これはいいーーーーですね!!
久々に感動しました(いつもしてないのか?)
宇部は私のルーツ、ありがとうございます
by F (2011-07-14 09:46) 

ももず

あ~良かったw先頭はまつみママさんなのねw
私でもいいけど、途中で隠れたり走って逃げたりしますわよ
(以外とお茶目なももずさんw)
竹やぶというと筍しか思い浮かびませんが、涼しそうですw

by ももず (2011-07-14 18:37) 

響

◆ひろろんさんへ
怖いところは最初から最後まで怖いよ。
慣れてくるけどカラスとか風とかで枝がガサガサって鳴ったら
また恐怖が帰ってきます。


◆T2さんへ
放置され具合が丁度いいよね。
反対側の状態が入口だったら
T2さんとまた来ればいいか!と捨て台詞を吐いて
帰ったかも。


◆ガタローさんへ
吉部の岩ゴロゴロをお探しですか?
すごい不安になる林道の先に意外と広い駐車場とかあって
面白いところですよ。
岩の隙間に落っこちないようにね。


◆Fさんへ
感動してくれてありがとう。
きっと山口だから質のいい無煙炭を運んでたのでしょうね。
Fさんのルーツは宮崎じゃなくて宇部だったの?


◆ももずさんへ
フッ・・・・
まつみママさんが先頭で僕が二番目ってことは
ももずさんは3番目・・・
ヘビは一人目で気付いて二人目で構えて
三人目に噛み付くって言うよね?(笑)

by (2011-07-14 19:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。